月によるド―シャの鎮静 - アーユルヴェーダスクール|Expanse..School 東京都中央区銀座

Blog
ブログ

2023年8月29日

月によるド―シャの鎮静

8月も終わりとなり、秋の訪れを
夜風に感じる時節となりました😌
日中の暑さはまだまだ続いて参りますので
こまめな水分補給でご自愛下さいませ!

明後日31日は8月に2度目の満月を迎えます。
その名も「ブルームーン」とも呼ばれ、
救済と癒しのエネルギーに満ちる月と
言われているそうです。
厳密には朝の10時半過ぎに迎えるので
明日の30日の夜が満月の光の恩恵を
得られますでしょうか。

月の満ち欠けは、地球のエネルギー、
そして女性の身体にも影響していることは
一般的に知られていますが、
アーユルヴェーダでも月の満ち欠け、
月明かりのエネルギーによるお身体への
上手な向き合い方が記されています。

アーユルヴェーダでは、月の光は冷たいもの
としています。
ですので、月を見つめることで
熱や炎症性のピッタを沈め、
眼精疲労やイライラを鎮静化してくれ
特に月光浴をすると良いとされています。

また、潮の満ち引きにも関係し、
月の引力の関係によって大地に水分を戻し、
潤す力を持っています。
そのため、新月から満月にかけては
カパが増えると考えられ、お身体も栄養の
吸収率が上がるため良質のミネラル分や
ビタミンを摂取し、お肌の手入れも
入念にすると効果の出やすい時期とされています。

満月の日のケアには、ファスティングや プチ断食で増幅しすぎた
カパを鎮静化する方法もあり、
乱れた自律神経を整えたり、胃腸を休める方法も
ありますが、活動的で疲れやすくエネルギーの
枯渇しがちなヴァータ体質の方には
オススメできません。

そして満月から新月にかけては、
解毒が始まってゆくので、身の周りの
不要なものを処分したりダイエットを
始めるのには良いタイミングとされています!

今日からがそのタイミングの時♪
ぜひ、アーユルヴェーダのオイルトリートメントで
お身体にとって不要な老廃物や疲労物質を
徹底的に除去して体内クレンズ、
新月に向けて心身共にデトックスを!

月の満ち欠けは、女性のバイオリズムを
整えお肌の調子やお身体のお悩みなどへの
向き合い方を教えてくれ、女性らしさに
細胞レベルで磨きをかけてくれます。

皆さまにとって健やかな一日でありますように✨

無料体験説明会

お問い合わせ